語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

単語の覚え方について 

前回の単語の覚え方の記事、超中途半端なところで記述が終わってました。なので、追加で記述します。

今までの経験と、いろんな英語勉強法の本を読んだ結果も踏まえて、以下のようにすればよいでしょう。

1.あまり難しい単語集はなるべくやらない。

難しすぎるとめげます。8割くらいはすでにおよそわかるものを使って、残りの2割を新規に覚えるくらいのつもりの単語集が良いです。

2.ある時期集中的に取り組む。

英検1級をとるときに、アルクの単語集をまとめてやりました。究極の英単語シリーズVol4です。
この時は、本と、ダウンロード音声、POWERWORD(アプリ)10-12を駆使してやりました。
一時的にですが、だいたい覚えることができました。ちなみに、この単語集、難しくて、1のあまり難しい単語集はやらない、に反して、半部くらいは見たことない単語でした。
ただ、この時は集中してやったので、結構覚えられたと思います。

3.文明の利器、アプリを使う

アプリお勧めです。本より安いです。かつ音声もついてきます。だんだん機能もよくなってきているので、お勧めです。間違ったものを記録することもできますし、悪いところは全くないです。

アルクのキクタンシリーズは秀逸です。おすすめ。

パワーワードもお勧めです。一つの単語に一つの意味なので、取っ付き易いです。ホントは色んな意味があるのですが、まず、ひとつの単語について、基本の意味を覚えてしまうのが先です。

4.うろ覚えで何度も繰り返す。

覚え方ですが、まずは、ざっと単語を眺めつつ、ひと通り、最初から最後まで単語帳を流します。
とりあえず、それでいいので、繰り返し毎日、眺めます。
そのうち、ああああ、この単語見たことあるなあ、意味なんだっけ?と思えるようになった時が記憶するチャンスです。それまでは、基本、その単語は眺めておけばOKです。

眺めるといっても、ただ眺めるだけではなく、一応覚えようとする必要はあります。ただ、覚えるまでページや一つの単語にこだわるのではなく、ひと通り、見たり聞いたりしたら、次に進んで、最後までとりあえういってまた、戻って、繰り返す、その繰り返しの回数を増やすほうが効果的です。

あと、同じくらいのレベルの単語集の違うものを2,3冊買って、交互にやるのも効果があったと思います。一つだと飽きるのですが、同じ単語が他の本にものっていていい繰り返しになりました。

5.耳で覚える。

単語の音や意味は音で覚えるのがお勧めです。単語と例文が吹き込まれているCDを何度も聴くのは効果的です。これも、読んで覚える場合と同様に、まあ覚えられなくても、まずはひと通り最後まで聞いて、それを何回も繰り返すほうが、覚えるまでそこにとどまるよりお勧めです。

できれば、単語を覚えながら、時々、本を読むと良いと思います。本を読んでいて、あれ、これ、見たことある単語だな、と単語帳で出てきた単語がでてきたら、きっとその意味はそこで覚えられると思います。
(このあれ、見たことあるっていうのが大事です。なるべく、あれ、これ見たことあるなあという単語をまず増やすのが大事です。)

このくらいで。







関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/10/27 11:11 * 編集 *

Re: タイトルなし

> はじめまして。
>
> 難しい単語集はめげるっていうの、わかります。
> まずは初心者レベルから少しずつレベルを上げていき、
> それからですね。
> 難しいのにチャレンジするのは。
>
> また来ますね。

コメントありがとうございます。
すいません、しばらく、出張続きでアクセスしてませんでした。
また更新再開予定ですので、よろしくおねがいします。

MICHI0619 #- | URL
2013/11/17 19:51 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/723-2666d513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL