語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

本日も1レッスン Ashel先生 

本日も1レッスン。

よくある映画と本の話をしてました。昨日から、The Girl Who Played with Fireを読み始めたのでその話をしてました。

ちなみに、彼女達、映画は大抵不正ダウンロードしてるんですよね。
どこからどうやってしてるの?ときいたところ、torrentとそれからサイトを1つおしえてくれました。

isohuntでファイルを探して、torrentでファイルをダウンロードして見るんだそうです。('∀`)

www.isohunt.com

torrent

へえ~。

ちなみに、The Girl Who Played with Fireは以下。





気が向いたら押していってください。
    ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村




関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

「裸の王様」のストーリーを覚えているだろうか?

仕立屋は、王様に新しい服を作ったと言った。実際は、仕立屋は何も作ってなんかいやしない。市民が「王様の新しい服だ!」と称賛を与えるなか、王様は裸で 歩きまわった。勇気ある子どもだけは、「王様は裸だ!」と叫んだ。そして市民は王様が裸である事実を認めた。これはまさに、英会話学校やビジネス英会話 コースで起きていることだ。エンターテイメントと、話す機会を与えはするが、本当にコミュニケーションが上達するようにはならない。


英会話学校を比較する口コミサイトはたくさんある。たいていはいいコメントが載っているようだ。彼らは、いい先生がたくさんいるから高いお金を支払う価値があったなどと言っている。


東京で11年間英語指導の経験があるが、英会話学校やビジネス英会話コースに参加したことで、コミュニケーション能力が向上したという人には会ったことがない。もしかしたらいるかもしれないが、私は会ったことがない。

日本人はブランドが好きだ。盲目的にブランドネームを信じたがる傾向にある。もしかしたら、心理学的な理由も考えられる。商品やサービスに高額な学費を払ってしまったら、例えそれが満足いかないものでも、高いお金を払ったのだから間違いないはずだと思いたいのだ。

実際、英会話学校やビジネス英会話コースに行く人はだまされている。
証明するのは簡単だ。

イングリッシュスピーカーだってだまされことはある。でも、いったん目標がはっきりしたなら簡単にはだまされない。


私はクライアントをだまさない。私のクライアントはエンターテイメントに無駄金を払うのを良しとしない。彼らが必要とするのはコミュニケーションすることだからだ。


「英語を上手く話すこと」と「英語でコミュニケーションを上手く取ること」は決してイコールではないのです。

アンセル・シンプソン

ザ ソクラチック レビュー
http://www.socraticreview.com/consulting-and-services/

アンセル・シンプソン #qk/Z8EEs | URL
2012/08/05 18:33 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/583-050d81ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL