語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

語学学習って・・・。 

英語がビジネスマンに必須、これからは中国語・・・
ずっといわれていることですが、はたしてそうかな、とときどき思います。
まだまだ、でもありますが、社会的には英語はかなりできるようになった今、振り返って、英語を今のレベルにするために、かけたお金、時間、労力? を鑑みるとはて、ペイしてるか?と思う時もあります。
ちなみに、僕の場合、一応ずっと英語が話せたらかっこいいなあ・・・といった、思いがあったし、実際に勉強をしてみて、通じるようになる、わかるようになるとそれがとても楽しくて、なので、語学をつづけることができてきましたが、実際、この時間をほかのことにつかってきたらそれはそれで、相当のことができたのではないか、という気がします。

ちなみに、外国、例えば、東南アジアあたりでは、勉強をしたければ、英語を勉強するしかありません。なぜなら、母国語の教科書がないからです。大学レベルの教科の教材は、英語しかないんです。その場合、高いレベルの知識を得るには、英語を勉強するしかありません。

それと比べると、やはり、日本は恵まれていて、ちゃんと、大学の教科書が日本語であります。
この差は大きいですよね。なので、日本では大学レベルの教育を、英語を知らなくても受けることができるんです。
そう考えると、あえて、英語を勉強するのに、労力を使わなくてもいいのかな、という気がします。

とはいえ、世界がだんだん変わってきて、最新の情報は英語だったり、いま一番ほっとな中国情報は、中国語で発信されていたり・・するのかな。

勿論、あるレベルに達すれば、英語のほうが圧倒的に情報量がありますよ。たとえば、教科書。アメリカの有名な教科書は、ほんとにわかりやすいです。英語であれば、その教科書が採用される市場が広いから、だめな教科書は淘汰されているんでしょうね。ファイナンス、マーケティングなどは、日本語の教科書でわからなくても、英語だと説明がわかりやすくて、より理解できたことが何度もあります。

ということで、答えはありませんが、語学をやらない、という選択肢もある、と僕は思います。

関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/56-62c66a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL