語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

英検1級受験してきました。 

英検1級受験してきました。
13:00~、受験場所は北区の桜丘高等学校です。高校のなかに入るなんて何年ぶりかな。
高校の校舎に入る機会なんて、選挙か資格試験位でしょうか。('∀`)

かなり早めについてしまい、ついたのは12時ちょっと前。受付が12:20から、とのことで、それまで、買っていったオニギリを食べて待っていました。ちなみに、英検って、保護者向けの待合室なんていうものがあるんですね。3,4,5級になると中学生位が受験するからですかね。

桜丘高等学校は、小さな?受験会場だったらしく、1級のクラスは4つしかありませんでした。1クラス40人程度のようなので、全部で160人位でしょうか。

私のうけたクラスは男女比がうーん、半々位でしょうか。年齢は高めで、私が中間位。20代かな、と思える人はいませんでした。

13:00になると試験官が2名、部屋にきて、音声の確認をしました。それと、各席の右上に受験票を置くように支持されて、受験票を確認します。
13:10になると、席に座っている人に、回答用紙と問題を配ります。問題用紙は指示があるまで、開かないように指示されます。たしか、このとき、携帯の電源をきって、机の左上に置くように指示されました。

13:25に、参考書類の全てしまうように指示され、最後の音声確認。聞こえにくい、というクレームで少々音量を上げました。
で、13:30試験開始です。

さて、ここからは僕の感想です。

語彙は、・・・・うーん。全く見たことのない単語は減ってきましたが、意味がわからない単語は結構あります。選ぶべき単語の意味は大体、文章からわかるのですが、選ぶべき単語が決まらないという感じ。ただ、感覚的には4つの選択肢のうち、2つは意味がわかって、そのなかに該当するものがあればそれを選べるし、その2つに無い場合は、2択になる・・という感じでした。

どうかな、帰りに少し答え合わせをしてみましたが、感じとしては6割位の正解率でしょうか。

読解については、前回同様、特にわからないものはなかったです。今回はきっちり読んだので外れても、2つ位かな、
と思うのですがどうでしょう。

ここまで、約60分弱。

苦手の作文は、うーん。どうですかね。問題は、平たく言うと、この世の中、仕事し過ぎではないですか?という内容。

Agree or disagreeではないので、ちょっと悩みました。

回答としては、「仕事しすぎです、たしかに、Global competitionもあるし、頑張らないといけないけど、健康や、家庭を壊してまで頑張らなくてもいいよね?」というような内容で書きましたが、うーん。やはり語彙が足らないです。ここはやっぱり改善の余地がまだまだありますね。
とりあえず、かけるだけかいて、最後に、文法をチェックして、・・という感じです。

約40分強を作文に使いました。

ヒアリングは、ぼちぼち。セクション4つのうち、セクション1は、ほぼ当たってるでしょう。2,3は、うーん。7割くらい?
最後のセクションは1つはあたったと思いますが、もう一つは自信なし。

英検のヒアリングはなが~いヒアリングの後に、短い質問があり、素早く回答を読んで、あっているものを探す必要があるので、意外にリーディングスキルが問われますね。しかも、がんばって聞いても、質問の内容が、ざくっとしていて(会話の全体像について聞かれたりする)かつ、またその選択肢がざくっとしている(会話の概要が記述されていて、単純にこれ、という明快な内容ではない)ので、全体をサマリーする能力が問われるように思えます。

ということで、無事終了。できは、多分、また作文によると思われます。
作文で7割とれるようになったら合格できるんではないかな。

頑張ります。


気が向いたら押していってください。
    ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/388-53a7765f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL