語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

英語勉強用雑誌 

英語の勉強法として、多読多聴をおすすめしています。
実際自分が実践した中で、まず一番長く、楽しんで続けられた勉強法です。
TOEICの点数は、600点~800点くらいの時でした。

英語雑誌(月間紙)をすすめる理由は以下のとおり。

1、適応レベルが広い
大抵の雑誌は、広い範囲の読者を対象にしているので、英語力も広い範囲をカバーできています。
簡単すぎたり、難しすぎたりすると、多読多聴をしても余り効果がありません。その点、英語雑誌は、
1冊の雑誌の前半は優しく、後半になると難しくなっているので、かなり広い範囲の人が使うことができます。

2、翻訳が載っている

日本語訳がついています。また、難しい単語は、単独で意味がのっています。さらに、その月の難しい単語が一冊の単語帳になっていたりして、復習もしやすくなっています。

3、安い

1冊CDがついて、1500円前後です。これくらいはお金出しましょう。

4、トピックが広い

記事が多岐にわたっているので、飽きません。映画の話題から、変わったニュース、政治問題まで、興味がもって読める物が厳選されているので、飽きずに取り組めます。
毎月購入することをおすすめします。全部やっていないからもったいない・・・といって、同じものをやりつづけるより、新しく買って、新鮮なトピックについて、また勉強するほうが、続けられます。
→ 長く、飽きずにつづける、というのが、英語の勉強のコツです。
また、幅広いトピックについて、書いてあるので、単語も偏りません。

5、その他、英語の勉強法等の情報が得られる。
特集記事で、英語の勉強法や、文法の知識も得られます。

私はいまは、小説が読めるようになったので、小説を読んでいますが、自分のレベルがまだ把握できない、どんな教材がいいのかわからない、という方は、英語勉強用雑誌を買って、自分の英語力を把握して、それから、英字新聞や、洋書、その他の教材にもチャレンジすることをおすすめします。

ちなみに、私が英語勉強用雑誌といっているのは以下のような雑誌です。
下の2雑誌は、一番有名どころですし、実際、何冊も購入していました。オススメします。

CNN English

CNNENGLISH

English Journal

ENGLISHJOURNAL
関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/135-c7915fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL