語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

マルチリンガル 

いま、語学は、中国語と英語を勉強していますが、最近はもっぱら、英語になってます。
会社で公募して、英語を使えそうな部署に異動できることになったため、英語に関するモチベーションおよび必然性が上がっているためです。

それでも、できれば、英語、中国語、+もう一つ話せるようになればいいなあ、と思っています。
シンガポールに留学していたとき、シンガポーリアンは、英語、中国語、マレー語、場合によっては、インドネシア語が話せるといっていました。母親がマレー語を話すので、マレー語のネイティブのはずだけど、仕事ではずっと英語なので、英語のほうが話しやすい、なんて言っていました。

また、マレーシア、フィリピン、インドネシアなどは、それぞれ、母国の言葉を持っていますが、大学以上に進むと、母国語で学べる教科書がないので、英語ができないとそれ以上の教育を受けられないといってました。

・・・英語ができるようになるわけですよね。こりゃかなわないなあ、と思いました。

ちなみに、何か国語も話せるシンガポーリアンの環境。そもそも、公用語が4つあるんで、4つの言葉がはなせるようになるのですが、これ自体は羨ましいとは思いません。

母国語より、他の言葉のほうが得意になる・・、母国語が不自由になり、ついては自分の原点がなくなる、、やっぱりそもそも生まれた国の国民としてのアイディティティがなくってしまうのでは、と思うためです。

海外駐在員が、自分の子供が、英語ぺらぺらになって喜んでいるけど、実は、日本語がだめになってしまった、というのは、よく聞く話ですが、これは残念ながら、喜べることではないのではないでしょうか。

なので、僕としては、まず、自国語を、十分に操れるようになって、それで、その国の国民性が染み付いてから、次に、外国語を学ぶというのがよいのではないか、と思います。
関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/125-d374e28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL