語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

勉強法について(再cont4) 

結論としては以下の用な感じになります。(効果的な勉強法

前提 中学、高校レベルの英語はほぼ理解している。

オススメの勉強法

0、英語の勉強法の本を買って読んでみる

英語の勉強法について書いてある本を1冊買って読んでみることをおすすめします。
甘い言葉で、「3ヶ月で・・」、とか、「中学レベルで、・・」というのは、正直怪しいです。
中を読んで、結構勉強してるんだな・・・という内容のものが信用できます。
ちなみに何冊か、チラ見すると、結構同じようなことをいってるなと思うのでは。

1、多読多聴

自分にあった方法でなるべく沢山の英語を聞き、読む。かなりの量がが必要。
→この場合、なにかよくわからないが、英語といえば、問題集を解くのが勉強と思っているひとが多いが、それは間違い。(英文法は別)英文解釈(辞書をひいて、英語を日本語の文章に訳す)も意味なし。というか、その時間をもう少し有効利用したい。

8~9割、辞書を引かずに分かる教材を、沢山読む、沢山聞く。

2、単語を覚える

単語集、8~9割わかるもの。CDで単語、例文を聞けるものを買って、沢山聞く。

3、文法強化

これは、問題集がオススメです。
中学、高校+アルファのレベル。TOEICや、TOEFLの英文法の解説書、問題集を沢山やる。
→ 本当は、多読多聴の延長で、自然に英文法をおぼえるのが、よいのかもしれません。ネイティブはこうやって文法は覚えるのでしょう。
でも、現実問題として、それは難しいです。問題集、文法書の英語は、ノンネィティブみんなが学んでいる英語の規則ですので、このとおりに文章がつくれれば、とてもよく英語が通じます。なので、ここは力を入れて、勉強することをおすすめします。今まで通りの、いわゆる、「勉強」でOKです。文法書を一冊買って、よく読んであとは、繰り返し問題集を解けば良いです。

4、アウトプット

うーん。これは、僕の課題でもあります。実際に、英語で話したり、書いたりする機会をもち、さらに、できれば、間違いを直しても貰えればよいんでしょうね。

いまのところ、最新のオススメはオンライン英会話です。通常の英会話学校は値段が高いのでオススメしません。
あるいは、ある程度実力がつくと、ひとりごと、あるいは日記を沢山書いて、自分でチェックすることで、実現できます。
書くことについては、lan8で、添削してみるのもよいでしょう。
なお、オンライン英会話を、アウトプットの場、実践の場として使うのが有効であった、それだけやって、英語力が向上するわけではない、というのも忘れないでください。
基本は1,2のインプットだと思います。

5、定期的な英語力のチェック

TOEIC、TOEFLなど定期的定期的にうけて、自分の実力を確認すると励みになります。

以上ですが、しつこいかな?上記、特に1,2の勉強がやはり肝です。これをよりシステム的に楽に、実現できる英語の教材がいろいろでているのでそれを活用し、効率できるようにする、というのが各人に課された課題と考えます。

特に、多読多聴。ここは量が本当に必要です。特に社会人であれば、お金をかけましょう。こここそお金をかけるべきところです。もちろん効率的にお金は使うべきです。
 通信講座でもよいし、NHKのラジオ講座でも、スピードラーニングや、スーパーエルマーなんていう教材でもよいでしょう。ここは、お金をつかって、自分にあっている、楽につづけられる、教材をさがすべきです。

語学の勉強には、絶対的に量が必要です。(間違いないです。これを否定している、勉強法は嘘です)なので、いかに、楽に、効率的に続けられるかが勝負です。教材選びが大事です。値段が安いこと、興味が持てること、手軽であることなどが重要で、どれが自分にあっているかは、いろいろ試してみないとわからないでしす。

僕自身、今でもトライ&エラーで、良い教材を探しています。
ここで英語(語学全般の)の勉強法を共有できたらいいなあ、と思っています。

関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/117-cc548009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL