語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

勉強法について(再cont) 

TOEIC最強の勉強法、を買ってからは、この本を熟読して、この本の勧めに従って、勉強をしました。
とはいえ、100%従ったわけではなく、エッセンスを真似した、とい感じです。

インプット重視、多読多聴、単語の重要性、毎日を英語漬けに、生活の中に英語を・・
というような部分です。

また、どの程度の量が、英語力の向上に必要なのか、というところについては、非常に参考にさせていただきました。単語の暗記方法について、筆者は工夫されていましたが、そのあたりはあまり参考にならなかったと思っています。(アルクのキクタンがその覚え方に近いです。)

ですので、僕も、上記の勉強法については、概ね賛成で、このページでも、多読多聴を原則勧めています。
また、こういった英語の啓蒙書を読んで、どんな勉強法をどのくらいやれば、効果が出るのか、どんな勉強法がオススメなのか、については、先人の教えをきいて、それを参考にしつつ、自分で工夫するのをオススメしたいと思っています。

TOEIC最強の勉強法を買ってからは、多読多聴を如何にして、効率よく続けるか、を重点に、いろいろな勉強法を試しています。



ただし、僕の場合、英語の基礎は、中学、高校で出来ているので(結構英語はできる方だった)そこで、ツマずいた人にはあまり参考にならない部分があります。
まあ、その分、中国語を、0から初めているので、つまり、0から、英語で高校卒業の優等生になるまでのプロセスを再度やっていますので、(でも、まだ中学3年くらいでしょう)今後はそこについて、情報を提供できるかな、と思っています。








関連記事

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://june192010.blog134.fc2.com/tb.php/113-0c820dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL