FC2ブログ

語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

キリスト教のオーソドックス?  

毎日、ネイティブキャンプやってます。これ、なかなか便利。ホントにすぐ先生みつかるの?と、思ってましたが、トライアル中も、いまも、いまのところ、スグ先生が、見つからないということはないです。でと、ネイティブは、すぐに予約出来たことないですね。
通常は、夜の10時頃にレッスン受けてます。と言っても実際、フリートークなので、なるべく、私が話したいと伝えて、話しています。
先日、セルビアの先生と話しました。その先生は、3つのオンライン英会話を掛け持ちしてるそうです。で、ネイティブキャンプは、システムがしっかりしていて、かつ、生徒が、やる気があって、礼儀正しいので、給料は安いけど、良いそうです。1レッスン1ドル45セントと言ってました。
安いねえ。対して、中国のクラスは、グループレッスンだけど、3倍くらいだそうです。ただ、子供が自分勝手で、大変で、かつセルビアの夜中になるらしく、生活が崩れて、かつ週末のレッスンになるらしく、自分の生活が楽しめないので、数は、少なくしてるそうです。
昨日は、イースタの話しに。キリスト教には、カソリックとオーソドックスがあって、我々は、オーソドックスの方なんだよね、との事。は?オーソドックス?と思い、プロテスタントじゃない?とか、スタンダードのキリスト教?とか、聞いてみたところ、や、流派の名前で、ロシアとか東欧に多いよ。との事。おお、ロシア正教だ、確かにそんなのあった。ギリシャ正教というのもあった気がするし、これがOrthodox、正教ね、と納得。この時期、卵をぶつけあって、割れたら負けのゲームを大人から子供まで楽しむそうですが、この遊びのルーツは知らないそうです。
色々勉強になります。
正しくは、正教会で、ギリシャ、東欧、ロシアに多いそうです。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: 0  /  comment: --  /  最近の勉強
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL