語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

英語の勉強法の本

最新記事

楽天お薦め

カテゴリ

Twitter

ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

アクセスランキング

単語帳

お役立ち

agoda & expedia

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

和文英訳はやっぱり効きますね。 

@インドネシアです。
今回の出張は長くて、三週間弱。いまはホテルです。先週もホテルでしたが、風邪ひいていたので、部屋にこもってました。HEROS(ドラマ)のSeason1を御蔭で、見終わりました。

先週は、仕事で、かなりの英語メールを書く必要があり、かつプレゼンのScript作成などをしていたので、かなり英文書きました。英語で電話もせざるを得ず・・。まあ、こういうのがやっぱり一番トレーニングになるんでしょうか。

その中でもやっぱり効くなあ、と感じるのは和文英訳です。会話だと適当ですんでしまう、文法も、和文英訳だとおろそかにできません。スラスラ出てくる単語と、あれ、これ英語だとなんていうんだろ?という、表現もあり、そういうのが、和文英訳をすると、たびたび出てくるので、それを、解決していくことで、表現を覚えていくことができます。うん。この和文英訳がスラスラできると、会話表現もスラスラいきそうですね。

ということで、和文英訳お勧めです。

これの欠点は多分、正しい文章がかけているか、チェックできない、というところなのかもしれません。

いくつか解決策はあって、

たとえば、自分の場合は、自分で読んでOKなら、OKです。
文法苦手とはいえ、TOEICのリーディングの文法で9割くらいはとれるので、自分で読んで大丈夫なら、まあ、大丈夫です。

それから、表現としてはて、使われているのかな?とか、前置詞これであっているのか、ということを調べるには、googleが使えます。””で囲んで検索するとヒットした、数がでてくるので、まあ、10万件ヒットするなら、通じるとおもっていいでしょう。of がいいのか、forがいいのかとか、迷った場合は、両方検索してみて、多いほうを選べば、いいでしょう。一応ヒットした文脈もみてくださいね。まあ、これだけのことなんですが、本もでてますね。




lang8という手もあります。外国語を勉強している人が、ネットに外国語で日記を書いて、ネイティブに添削してもらえるサービスです。たとえば、英語を勉強している日本人であれば、日本語を勉強している英語がネイティブの人と友達になって、お互いに、日記を添削しあいましょう、というもの。若ければ?、お友達はできやすいと思います。有料会員になると、添削してもらいやすいということもあるようです。

lang8


オンライン英会話で、先生に添削してもらうということもできます。レアジョブでも、そのレッスンを受けているときに、先生に頼めばやってくれます。

ただ、日⇒英が正しく訳されているか、ではなく、英文として正しいかしか見てもらえないというところが、英語しか話せない人に見てもらうことの欠点ですかね。

そういう場合は、日-英の有料の添削サービスもあります。ネットで依頼するものだとそれほど高くないのでそれでもいいんじゃないでしょうか。

オンライン英語添削[アイディー]


a8mat=1ZQT4E+GGEBOY+2KSK+61C2P" target="_blank">



まあ、日本人にとってのベストの先生は、やっぱり英語が堪能な日本人・・・ですね。そうすると一般には高くなりますね・・。

気が向いたら押していってください。
    ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL