語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

最新記事

楽天お薦め

Twitter

ブログランキング

FC2カウンター

アクセスランキング

外国人を道案内 

今日、帰宅途中、会社出てすぐに外国人に声かけられました。たまたまか、英語できそうに思われたのか、とりあえず、話を聞きました。要は、道がわからないということで、Google の経路案内をみせてここに行きたいとのことでした。残念ながら電話回線にはつなげないらしく、駅まではきたけどその先の道がわからないということだったようです。
なので、行き先を聞いて検索して道を教えてあげました。

ちなみに、行った先がChabad Japanというところでした。
とりあえずGoogleに出てきて、その外国人たちのいうとおり近くだったので道を教えて、握手して( `ー´)ノ別れましたが、ちょっとなんだろうと思って調べてみました。

ちなみに、Wikiで調べると、
Chabad, also known as Lubavitch, Habad and Chabad-Lubavitch, (Hebrew: חב"ד ) is an Orthodox Jewish, Hasidic movement. Chabad is today one of the world's best known Hasidic movements and is well known for its outreach.

さらにしらべると、
ハシディズム【Hasidism】

この語はヘブライ語のhasid(敬虔なるもの)に由来し,広くユダヤ宗教史上に現れた〈律法〉の内面性を尊重する敬虔主義の運動を指しているが,とくに狭義には18世紀の初頭ポーランドやウクライナのユダヤ人大衆の間に広まった聖・俗一如の信仰を主張する宗教的革新運動をいう。その創始者は〈よき名の主Baal Shem Tov〉と呼ばれるイスラエル・ベン・エリエゼルIsrael ben Eliezer(1698‐1760)である。

まあ、要はユダヤ教の相互扶助のグループってことのようです。へえ。こんなのが近くにあるんだ、とちょっと勉強になりました。

[edit]

台風の影響 

ここ二日、レッスン受けてません。台風です。レアジョブは、(フィリピン英会話はほかも、だと思いますが、)結構台風で、レッスン出来なくなるんですよね。でも、なんで?と思いますよね。フィリピンは、あまり、光のラインが、なくて、インターネットが、無線のラインだむすばれているそうです。wifiと言う事ではなく、プロバイダー間などの、バッグボーンの回線も、マイクロ波による無線らしいです。だから、雨が降ると、雨粒の影響で、(マイクロ波が、外乱うける、)回線速度が落ちるそうです。さらに、ネットワークの機器が、停電で、止まったりするとか。

早く正常になってほしいところです。

オンラインレッスンのレアジョブ英会話


気が向いたら押していってください。
    ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

[edit]

和英の単語帳 

最近欲しいと思うのは、和英の単語帳です。英単語が並んでいて、日本語の意味が書いてある単語帳は、山ほどあるのですが、日本語が並んでいて、英訳が載っている単語帳ってないんですよね。で、英会話のトレーニングをしていると、これが欲しくなるんですよね。
話していると、英語が考えても、出てこない日本語があるので、まあ、和英辞書ひくのですが、あらかじめ単語帳などで、日本語から英語の変換を訓練しておくと、普段スムーズだと思うんですが。

最近出てこなかった英語は、雪が積もる、叱るです。

(雪が)積もる pile up, lie
叱る、tell off, scold

ご存じでしたか?


オンラインレッスンのレアジョブ英会話


気が向いたら押していってください。
    ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

[edit]

フィリピン英会話事情 

フィリピンで英語を勉強しているというと日本人・・・と思うかもしれないですが、韓国人も同じくらいいるみたい。
レアジョブの先生も、韓国人向けのスクールにいた、なんて人が多いです。今日の先生もそうでした。
韓国人は、教育制度が厳しくて、1-2カ国、英語か中国語を話すことを求められてる、できれば2カ国後らしくて、それで、フィリピンに、実際に来て、英語を学んでいる人が多いんだそうです。オンライン英会話が多分多い日本とは結構違うなあ、と思いました。なので、韓国人は若い生徒が多いみたいですよ。
それから、英語の先生としては、やっぱり国というレベルになると、ネイティブが好まれて、フィリピン人は英語は上手だけれど、ネイティブではないので、先生としては、アジア各国では求められないのだそうです。
たしかに、日本も英語の先生としては、ネイティブ信仰が強くて、アメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人あたりから習いたいっていう人、そういう人を呼ぶ学校っておおいですよね。
ただ、実際、教えるっていうことになると、苦労して外国語として覚えた、フィリピン人のほうが実はいいんじゃないかな、と思います。結構勉強もスポーツも、天才タイプより、苦労して覚えた人から習うほうがコツを教えてもらいやすってことありますよね。
日本も、フィリピン人を英語の先生として、沢山呼べばいいのに、と思います。日本に呼んじゃうと、授業料高くなっちゃって意味ないかな?でも、きっと欧米人より安くて済みますよね。(^_^;)

[edit]

英語の勉強法について 

会話力には自信がなかったので、あまり会話力向上のための勉強法については語れなかったのですが、最近だいぶ改善してきたので、今思ってることを書こうと思います。
結構アタリマエのことかもしれません。

1.とにかく話す。

これは結構大事で、話さないと始まりません。リスニングやリーディングばっかりやっているひとには、とにかく話すことを始めることをオススメ。ついでに、まずは文法無しで、とにかくなにか、話すというのでよいかな。最後はトレーニング量ですね

2.正しい構文をおぼえて、すぐ使えるようにトレーニング。

具体的には、瞬間英作文。簡単な文章を、すぐに作れるように、トレーニング。
これは、ホント勉強というより訓練ですね。これは結構地道にやる必要があるのですが、やると効きます。
1は、言いたいことをとにかく伝えてみる練習。
2.は、これはトレーニング。簡単な練習用の文章で正しく素早く文書を作る練習をするもの。

1をやるときも、2を意識してやると効果的。
2を集中的にやると1がスムーズになってきます。

3.うまく話せなかったら、すぐ調べる。

話をしてみて、あれ、これなんていうんだろ?なんと表現するんだろう、とわからない言葉があったら、チャンス!とおもって、すぐ調べましょう。その言葉は、自分がよく使うけど知らない表現です。以外にはない表現だったりします。そのときは、どうやって言い換えるのか、いろいろ、考えて調べましょう。

よろしくおねがいします、なんて表現はないですからね。

4.ライテイングの練習をする。

時々、文章の翻訳をしてみるのもいいでしょう。文章だと見直す時間があるので、正しい英語をつくるトレーニングになります。

このくらいかな。もちろん、読書や、単語帳で、単語をおぼえる。特に、日本語⇒英語の単語力をつけとく、というのも必要です。日⇒英の単語帳は、ほぼ無いので、英⇒日の単語帳でとりあえず、逆向きにおぼえていくとかかな。

ライティング練習はこの日ー英のトレーニングになります。和英をよく引くと勉強になりますよ。

[edit]

SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL