語学を勉強しよう

英語、中国語の勉強方法、教材について、TOEICの勉強法も。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»07

コンテンツ紹介

スポンサーリンク

プロフィール

英語の勉強法の本

最新記事

楽天お薦め

カテゴリ

Twitter

ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

アクセスランキング

単語帳

お役立ち

agoda & expedia

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

和文英訳やっぱりいいかも。 

仕事ですが、昨日も、2時間程、和文英訳しました。
他人がつくった日本語を訳すのは結構むずかしいですね。まず、主語が省略された文章が多いのなんのって・・。
日本語ってよく読むと意味がわからないことが多いですね。相当、文脈から主語を見つけて訳す必要がありました。
それでも、言い回しなどを、時間を書けて考えてその後文法チェックして、自分で正しいと思う文章にする、というプロセスを踏むと、いろいろ発見があり、勉強になりました。

やっている人もいるかと思いますが、検索エンジンで、”(英語の文章の一部)”を検索して、その言い方が本当に英語であるのか調べるという方法を取りながら、やってます。

例えば、"in case that"とこのとおりヤフーの検索エンジンに入力すると(””も入力)約15000000ヒットと右上に表示されます。ざっと使われ方をみて、ああ、この表現って使うね!とわかるというもの。

10万以下のものはあまり使われない、場合によっては間違った使い方と考えるというものです。

オススメです。

気が向いたら押していってください。
    ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO対策:TOEICSEO対策:中国語SEO対策:英語SEO対策:英会話SEO対策:TOEFL